地域の皆さんとの日常

11月に入った瞬間から、街にはクリスマスソングが流れ…
今年ももう残り2か月。
コロナの影響で、今年の風景が空白のまま冬が来ました。

とはいえ、最近やっと
地域の皆さんと活動できる日々が戻ってきました。

今週はグラウンドゴルフの記録会があったため

グラウンドゴルフ→読み聞かせ→グラウンドゴルフ→民謡→グラウンドゴルフ

読み聞かせは、今年度はずっと活動自粛が続いており
やっと先月から再開されました。

絵本を読むことで、子どもたちから教わることも多いです。

今回は、少し哲学的な考えを含んだ絵本を選んでみました。

5年生には、どんな風につたわったのかなぁ。

そして、民謡の稽古では、今までできなかった扇子を
踊りながら、片手で開けるようになり
(小さい進歩ですが)できなかったことができるようになるのは
いくつになっても嬉しいなぁ~と、実感しました。

先生と優しく迎えて下さる大先輩方のおかげです。
感謝💚

週によっては

グラウンドゴルフ→短歌会→フォークダンス→グラウンドゴルフ

いつの間にか、紅葉も深まっています。

一市民として、飯能に暮らす人間として
地域の皆さまと共に活動をする。

同時に、現在は12月議会の準備真っ最中。
議会前の会議等も始まり
市役所内の各部署をあちこち回らせていただいて
打ち合わせ等もさせていただいています。

任期中は、決して気を緩めることなく議会活動を最優先に。
12月議会でも、集中して議案を審議審査してまいります。

私を議会に送り込んでいただいたことも民意。
全く賛同できない議会運営をする議員も、与党議員の意に添う市長も
市民が選んでいて、それが民意です。

自立した個人である議員を貶める発言をすることは、選んだ市民にそれらの言葉を向けるのと同じ。
野党議員には一切答弁しない、もしくは攻撃的な議会答弁や与党議員に質問をさせる市長は、市民を無視や攻撃するのと同じ。

でも、市民に選挙で選ばれているということは、それが民意です。

私は、公人である間は、議場以外で決して議員個人とは戦いません。
同時に、議会での公式発言において、何ら圧力や数の力に屈することもありません。

自分の夢や希望、やりたいことを自由にやりたいなら、民間人であるべき。
何を期待され、託されたか。
負託を受けたことの意味を考え続けた4年間でした。

12月議会もしっかりと立場を全うしてまいります。

前の記事

地元飯能の皆さまへ。

次の記事

市内の文化祭