大阪都構想にご注目ください。

11月1日、大阪都構想の住民投票があります。

2015年5月17日の住民投票否決から約5年が経過しました。
これまでの間、36回の法定協議会を開催し、制度設計の充実を図ってきました。

反対3賛成16維新・自民・公明19人中

法定協議会では維新・自民・公明、19人中16人の賛成を得るほどバージョンアップされました。
住民投票で賛成多数になれば、移行は2025年。
移行期間もしっかり確保されています。

これまでの政党間の政治闘争ではなく、あたらしい大阪の選択です。

https://oneosaka.jp/yestokoso/

これは大阪だけの話ではありません。
都構想が実現すれば、首都圏でも統治機構改革への関心が高まることが予想されます。

東京とそれ以外の地方自治体。世界でも類を見ない一極集中から
副首都がツインエンジンとなってこの国の形を変えていきます。

廃藩置県以来の中央集権、国が決めて一律に分配する今の都道府県の仕組みは、人口減少の時代では、既に機能しなくなってきているのです。

ぜひ、埼玉・飯能でも大阪都構想にご注目下さい。

 

前の記事

今後について

次の記事

大阪都構想【東成区】