過去は変えられる

政治を志してみようかな…と思う女性が増えればいいなと思って、聞いてほしい言葉を一方的につれづれに綴ります。

【過去は変えられる】

人生思うようにならないなぁ…って感じることは、多々あります。

若くて血気盛んなころは

・未来は自分が描いた通りになるもの
・強く、具体的に、イメージする
・言葉にして書き出す

といったことで、夢が実現していくと信じていました。

今も、それはとても効果的だと思っていて
具体的なクリアすべき目標などは、こうした地道な努力なくして達成はないと思うんですが

如何せん、年齢を重ねるにつれ、そうもいかなくなってくる。

ゼロベースじゃない相手にはどうあがいても勝てなかったり
清濁併せ呑めないがゆえに、自ら降りるしかない状況に陥ったり
理不尽なことに声をあげることさえ許されなかったり

要はお金と権力を前に、ぐっと言葉を飲み込むって
(昭和のおじさん達は、よく言いたいことを飲み込んでるから男は喉ぼとけが出てるんだって言ってましたね)

それが政治だよってと言われると、このままでいいわけがないと思うけれど
思うようにはならないなといったところ。

さらに、そこで負けず腐らずがんばるぞ!と奮起したところで
年齢とともに体力勝負はきかなくなってくるし

大切な人、身近な人の突然の病気や不幸、別れに接することも
悲しいけれど増えてくる。

未来は、先のことなど何もわからなくて、何があるかわからなくて
思うようにいかないことは多い。

でも、ひとつ確実に言えることはあります。

それは、「過去は変えられる」ということ。

過去なんて、基本は後付けです。
人の評価も噂も、すべて後付け。

私が起業して株式会社を立ち上げた時、それはそれはいくつも事業計画書を書いて
色んな経営者に見てもらいました。

知恵を絞って、企画書を書いて、提携やコラボレーションの提案を数えきれないくらい持っていきましたが、最初は全く相手にされませんでした。

それが、事業を運営して3年が過ぎたころから、少しずつ人も事業内容も増えはじめ、
それに比例するように、私の会社より規模も資本力もある企業が、提携やコラボをしてくれるようになり、私個人の仕事も依頼されるようになりました。

それで、新しい企画や事業がうまくいくと、

「坂井さんは最初に会った時から見込みがあると思ってたよ」

「きっとうまくやってくれると確信してたよ」

と、私が決して忘れてはいない、最初に受けた評価と180度違う評価や言葉を受けました。

その3年の間には、私は会社立ち上げ半年で妊娠し、これ以上は母子ともに責任を持てないと宣言されるくらい不健康な妊婦で、生まれたばかりの子どもをどう育てていいかもわからないまま、会社は真っ赤っかに赤字で、産後すぐに無理しすぎてずっと真っ赤な血を流して、もう色々真っ赤だった記憶しかありません。

大変すぎて、ほぼ記憶喪失。

母親失格、社長としてもダメダメでしたが、

それでも無我夢中でやってきて
仕事で結果を出していったら

相手にもされなかった私の過去は、いつの間にやら、「最初からキラリと光っていた新進気鋭の女性経営者」みたいに変えられていて

10年の節目を迎える頃には、人生初の出資者まで現れました。

それで、期待に応えようと、それはそれは意気込んで、新規事業に投資をした直後、自然災害に見舞われ、壊滅的な被害を受けたのです。
全く未来は思い描いた通りにならない。何が起こるかわからない。

あまりの事態に、茫然自失と立ちすくんでいたら

あれだけ私と会社を評価してくれて、お金まで出してくれた人の過去の評価がこれまた180度変わって
私の会社が再起することはないと、資本を引き揚げられてしまいました。

本当に思い描いた未来は、思うようになりません。
今のコロナ禍だってそうです。

でも、弱り目に祟り目でもうダメかなと思ったら、地域の人たちがよってたかって助けてくれて、
その延長線上には、市議会議員選挙への出馬がありました。

過去はあっさり変わります。

今、あなたの状況がどんなに思うようにならなくても、理不尽でも
今が過去になった時、それをどう変えたいか、それはあなた次第。

「過去は自分次第で変えられるもの」

私はそう思っています。

選挙だって
泡沫候補でしかなかった私が、大方の予想に反して当選したら、「弾(候補者)がよかった」となる。
過去は変えられます。

もしあなたが今を、

「あなたは絶対、政治に向いてると思ってたよ~!挑戦してほんとによかったね💚」

という過去に変えたいと思ったら、お気軽に連絡ください。

私も、20代~30代前半くらいまでは、「キミとはビジネスや経済の話もできて楽しいよ」って口説かれたものですが、今や「そんな政治とか社会問題の話ばっかりしてたら男も寄ってこないでしょ?」と煙たがられるか、怖がられることはあっても口説かれることはなくなりました。
良くも悪くも過去はあっさり変わるので、一緒に気分のいい方向へ変えていきましょう。

坂井えつこメールフォーム
http://sakaietsuko.net/mail/

前の記事

市内の文化祭